癒しではなく痛みの根本改善を目指す松村カイロプラクティックの松村です。

今回のテーマは「骨盤矯正してはいけない腰痛」

 
とにもかくにも骨盤をバキバキすればよいというわけではないのです。

関節の可動性が”ある”か”ない”か

関節の可動制限(”ない”)

カイロプラクティックの矯正は関節可動域が制限されてる部分に行われます。

制限されているがゆえに神経伝達の低下や、痛みが出ているわけです。

 

関節の可動亢進(”ある”)

逆に、関節可動域が亢進(動きすぎる)場合があります。(正常範囲よりも動いている)

可動性亢進している関節の靱帯や腱は引き伸ばされて痛みを起こします。

これを矯正することは、ストレッチ中に無理やり押されたら痛みが出るのと同じように、余計に痛みが出るか、全く痛みがなくならないということになります。

骨盤の関節(仙腸関節)の可動性亢進

骨盤矯正でバキバキとされる仙腸関節は動きすぎて痛みを出すことが多いので、この場合は股関節や下部腰椎に可動制限があることがあります。

動かないところがあれば、代わりの物が動きすぎてしまうのです。

 
制限があるのか?
亢進しているのか?

各種検査と触診でしっかり割り出して、的確な施術ができるように心がけております。

 
肩が痛い方の電話・ネット予約はこちら

 

東灘区・芦屋 カイロ整体院 松村カイロプラクティック