癒しではなく根本改善を目指す松村カイロプラクティックの松村です。

今回のテーマは「側弯症による腰痛・背中の痛み」

 
脊柱側弯症とは後ろから見ると通常真っ直ぐの脊柱(背骨)が左右に湾曲することをいいます。

脊柱側弯症scoliosisによる腰痛、背中の痛み
右が後ろから見た背骨の側弯症のイメージ図(右凸)

脊柱側弯症は大きく2つ、機能性側弯症構造性側弯症に分けられます。

機能性側弯症
多くは姿勢の悪さなどから左右の筋肉のバランスが崩れて脊柱が側弯症になる症状。
姿勢の悪さや筋肉のバランスが悪いため、側弯症による背中の痛みや腰痛、首肩こりをお持ちの方が多い。
この側弯症はカイロプラクティックによる施術が効果が高いです。

構造性側弯症
遺伝その他 何らかの理由により背骨そのものの変形を伴う側弯症。
構造(背骨)が変形しているものなので、軽度の側弯症であれば背中の痛みや腰痛などの症状が無い方もおられる。
ただし、左右への湾曲(側弯)があるので悪い姿勢でいると歪みが出やすくもある。
側弯症自体の改善よりも、背中の痛みや腰痛などの症状の改善を目的とする。
もちろん背中の痛みや腰痛に対してはカイロプラクティックが有効です。

ちなみに陸上選手のウサインボルト氏も側弯症をお持ちです。

 
「側弯症による腰痛・背中の痛み」症例

構造性側弯症で背中の痛みをお持ちの40代女性

構造性側弯症をお持ちで、背中と腰の間(胸腰部と言われる部分)左側が盛り上がっている(左凸)。
丁度その部分が座り仕事で凝って痛くなってくる。

つめた施術を数度行い、側弯部分の背中に痛みが出るほどのコリは出なくなった。

現在は1か月ごとのメンテナンス施術を実施。
(3週目ぐらいから疲れが取れにくくなってくる)

 
側弯症をお持ちでない方でも、日々の生活・クセで施術後一か月で疲れが取れにくくなります。
構造性側弯症で背中の痛み(腰痛)があっても同等の生活ができる症例でした。

 
側弯症による背中の痛みや腰痛、首肩の痛みなどは松村までご相談ください。

平日夜は20時からのご予約もお取りできますので、お仕事帰りにもご利用しやすいかと思います。

 

東灘区・芦屋 カイロ整体院 松村カイロプラクティック