花粉症・アレルギーにビタミンDと日光浴

いつもご利用ご来院頂きありがとうございます。
癒しではなく痛みの根本改善を目指す松村カイロプラクティックの松村です。

今回のテーマは「花粉症・アレルギーにビタミンDと日光浴」

 

ビタミンDの能力

・カルシウム吸収や骨を作るのを助ける
・細胞が正しく分裂できるように導く
・免疫バランスの正常化

他にもありますが、なかなか重要な働きをしています!

骨が作られなければ骨粗鬆症や成長に影響が出るでしょうし、細胞分裂がおかしくなればがんが発生するかもしれません。

そして、免疫バランスの正常化。
花粉症やアレルギーも本来必要な免疫が正常に働いていない状態です。
なので、免疫バランスを正常化させるビタミンDが足りてないともいえるわけです。

ビタミンDには日光浴!!!

この重要なビタミンDは紫外線に当たることで自然と体の中で生成されます。
しかし、最近は紫外線をカットする日焼け止めは女子の間ではマストアイテムなので、せっかく太陽の光を浴びていてもなかなか効率よくビタミンDを生成することはできません。

食糧からの摂取となると、キノコ類や魚類に含まれていますが、毎日きのこと魚ということにはいかないでしょう。

そうなると、花粉症の季節だけでも、サプリメントで大量に摂取するのが望ましいかと思います。

 
日本における1日のビタミンD摂取推奨値 5.5マイクログラム(220 IU)となっているところ、100マイクログラム~250マイクログラムほど摂取するとアレルギー症状が軽減するといわれています。

過剰摂取が過ぎるのでは?と思いたくなるような量ですが、そもそも花粉症やアレルギーのある方はビタミンDが足りていないのでこのくらいの量が必要になってくるものと思われます。

もちろん1年間この量を摂取するのはよくないでしょうが、花粉症の季節だけと考えると薬を飲むよりよっぽどよさそうです。

 
首肩が痛い方の電話・ネット予約はこちら

 

東灘区・芦屋 カイロ整体院 松村カイロプラクティック

接骨院で首の痛みがよくならなくて思い出した

癒しではなく痛みの根本改善を目指す松村カイロプラクティックの松村です。

 

先日いただいたご予約のお電話。

1年以上前にご利用いただいたことがあるという女性の方。

カルテを調べてびっくり(゜o゜)

前回ご来院は 5年半前!!

しばらく見ていないと思ったらそんなに経っていたとは、この女性の方もびっくりされてました。

この期間、セルフケアで落ち着く程度にしか悪くなっていなかったそうです。

 
今回は、年末からずっと首を動かすと痛くて、接骨院に通ってもよくならなかったところ、ふと思い出していただけたとのことでした。

ありがたい限りです(^^)

 
首を動かすと痛いという症状ですが、

かなり姿勢が悪くなっていて、首のと肩の付け根らへんが盛り上がるバッファローハンプになりかけな姿勢でした。

これではマッサージとかではそれほど変わらないですよね(T_T)

カイロプラクティックの施術後は首を動かしたときの痛みはほぼなく、姿勢もかなり改善しましたが、まだもう少しあるので10日後にご予約をいただいて終わりました。

 
10日後のご来院時には、年末からあった首を動かすと痛みが出るという症状はなく、ただ肩が重いぐらいの症状でした。

それもカイロプラクティックの施術後は軽くなり、首の後ろのコブがなくなったのも感じていただけました。

 
仕事の姿勢やスマホの使い過ぎで完全に首が前に出て、首の後ろのコブができるほど歪んで固まってしまった体はマッサージやストレッチ程度ではなかなか改善できません。

痛くて首が回らないとか、肩首こりが酷くてもう痛いとかが長く続くようであれば、ぜひカイロプラクティックの施術をお勧めします!

 
首肩が痛い方の電話・ネット予約はこちら

 

東灘区・芦屋 カイロ整体院 松村カイロプラクティック

カイロプラクティックと股関節の痛み悩み

癒しではなく痛みの根本改善を目指す松村カイロプラクティックの松村です。

今回のテーマは「カイロプラクティックと股関節の痛み悩み」

 
先日毎月恒例の勉強会へ参加してきました。
いつも休ませていただき申し訳ありません。

今回の勉強会のテーマは「股関節」の基礎と検査

 
解剖学
生体力学
問診
視診・触診
可動域検査
筋力検査
整形外科学検

これらの基礎や検査ができてはじめてテクニックが生きてくるわけです。

カイロプラクティック股関節の痛み検査

股関節の痛みとはいっても

股関節-骨盤-腰部の連動

股関節の痛みとはいっても、股関節は単体で見ることはなく、必ず「股関節-骨盤-腰部」をまとめて検査します。

この股関節-骨盤-腰部は関節や筋肉の働きにより連動しやすいので、股関節が痛いといって股関節だけ見ていてもいい結果が出ない可能性も多いのです。

同様に「骨盤の歪みが気になる」とか「腰痛」などのお悩みでも「股関節-骨盤-腰部」を見る必要があります。

骨盤矯正とか言って骨盤だけ矯正しても全く意味がない場合もあるということです
(;´Д`) うぅっ。。

 
 
というわけで、今回もしっかり勉強練習してきましたので、股関節・骨盤・腰痛でお悩みの方、また病院でレントゲンしか撮ってくれない、電気あててるだけに毎日行ってるなんて方も、松村カイロプラクティックでしっかり検査と施術を受けてみてください!

 
股関節が痛い方の電話・ネット予約はこちら

 

東灘区・芦屋 カイロ整体院 松村カイロプラクティック

腰部脊柱管狭窄症からくる”めまい”

癒しではなく痛みの根本改善を目指す松村カイロプラクティックの松村です。

今回のテーマは「腰部脊柱管狭窄症からくる”めまい”」

 
先日テレビで紹介されていた原因不明のめまい

耳の検査や脳の検査をしてもめまいの原因はわからず、最終的に「腰部脊柱管狭窄症」がめまいの原因というものでした。

なぜ腰部脊柱管狭窄症からめまいに?

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは、背骨の中にある脊柱管と呼ばれる神経(脊髄)の通るスペースが狭くなる疾患です。

腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状としては、間欠性跛行があります。

間欠性跛行は腰部脊柱管狭窄症により圧迫された脊髄(神経)が下肢に痛みやしびれを起こし長時間(長距離)歩くことが困難になります。
ただ、休憩したり、前傾姿勢などで下肢症状が軽減するため再び歩くことができますが、同様に長時間歩けない・休むを繰り返すため間欠性跛行と呼ばれます。

 
腰部脊柱管狭窄症の《特徴的》な症状は上記の間欠性歩行ですが脊髄の圧迫は『しびれ(皮膚の感覚異常)』と『筋力低下』を起こします。

皮膚の感覚異常

熱い、冷たい、痛い、触られたなどの皮膚感覚はデルマトーム(皮膚分節)と呼ばれる範囲で背骨の何番目の神経が担当しているのが決まっています。
(実際にはきっちりかっちりではなく概ねの範囲になります。よって、文献により区分けが少し違ったりします。)

dermatome デルマトーム 皮膚分節
皮膚分節の図
C:頸椎 / T:胸椎 / L:腰椎 / S:仙骨

 
図の足の裏『 L5 』(第5腰神経)

腰椎5番で脊髄の圧迫が起こると足の裏の感覚が鈍くなります。

足の裏の感覚が鈍くなると、立った時に足の裏からの情報が脳に届きにくくなります。

脳に届く情報の不一致

立ったときに視線(目)や膝・股関節からの情報は『立っている』と正しく脳に届いているのに、足の裏からは『立っている』との情報が脳に届かないので、【 どっちなの?? 】と脳が混乱してめまいという症状を出したと思われます。

 
腰部脊柱管狭窄症からめまいが起こるケースはかなりまれだと思いますが、検査の参考になる症例でした。

電話・ネット予約はこちら

 

東灘区・芦屋 カイロ整体院 松村カイロプラクティック

筋肉が霜降り肉になる。その後は・・・

何万円もする霜降り肉。
脂がのってとろけるような味わいなんでしょうね。
一度は食べてみたいもんです。(庶民)

さて、霜降り肉の「霜」
言わずと知れた「脂肪」です。
人間の筋肉ももちろん霜降り肉になります。

筋肉(筋繊維)は普段はぎっしり詰まっていますが、活動量が減ると間引きされ、隙間ができます。
隙間と言っても実際に空洞になることはなく、そこを埋めるのが「脂肪」となります。
霜降り肉の完成です!

急に運動を止めてしまったりすると、できやすいのではないでしょうか。
見た目の筋肉の形はさほど変わらないけど、筋肉としての中身は少ないので、同じ運動をしても代謝量が落ちます。

ただし!
まだ筋肉が霜降った段階であれば、また運動を始めることにより、消費され、新しい筋肉が出来上がり、霜は減っていきます。

霜(脂肪)は糖質・タンパク質と共に三大栄養素と言われるようにエネルギーです。
筋肉の隙間に脂肪を埋め込むのはいつでもエネルギーとして使えるようにするためです。

 

でも、さらに全然その部位の筋肉を使うことがなければ、エネルギー(脂肪)を差し込んでいる必要はないので、結合組織と言われる繊維でふさがれてしまいます。
この結合組織は硬くなったかかとや、分厚い皮のようなものなので、筋肉の隙間にあると、動きの悪い硬い筋肉になってしまいます。(コンクリートで穴をふさぐようなものです。)

ここまで、なってしまうと筋張った硬い肉・・・おいしくないですよね?
いや、食べ物の話ではないですが、運動をしてもストレッチをしてもなかなか結合組織は消えてくれないので、運動の効果が出にくくなり、筋肉ではないので代謝量も増えません。

「今は全然運動していないのに、学生の頃運動してた時から筋肉が落ちてないんだよね」
なんて言っているそこのあなた!
その筋肉の中はとっくに結合組織に変わっているかもしれませんよ。

そんなわけで、今からでも軽く運動を始めて、結合組織を少しずつ減らしていきましょう。
大丈夫!
生きている限り代謝が行われるので、使い続ければちゃんと必要な組織(筋繊維)に生まれ変わります。

まずは通勤通学買い物時の歩き方から見直しませんか?
姿勢よく大股で、しゃきしゃき歩く!

ちゃんと歩けているかわからないなら、歩き方のご相談も松村カイロプラクティックまで!!

 

姿勢の正し方、歩き方のご相談も
神戸市東灘区 カイロ整体院 松村カイロプラクティック