寝起き・歩行時に太もも裏・股関節の痛み

いつもご利用ご来院頂きありがとうございます。
癒しではなく痛みの根本改善を目指す松村カイロプラクティックの松村です。

今回のテーマは「寝起き・歩行時に太もも裏・股関節の痛み」

今回の症例の状態でスポーツを行うと太ももの肉離れを起こす可能性も高くなるので、運動選手や部活動などスポーツを行っている方にも気を付けていただきたい内容です。

 

寝起き・歩行時に太もも裏・股関節の痛み

60代男性
最初は腰お尻付近が痛かった。
そのうち、寝起きにお尻や脚に力を入れた時、歩行時に太もも裏や股関節に痛みが出るようになった。

<検査>
前屈・伸展、股関節の可動テストではたいした痛み出ず。
股関節を動かす大腰筋、大腿四頭筋(大腿直筋)、ハムストリングス、中臀筋の筋力検査も正常。

唯一明らかに異常なのがお尻の筋肉「大臀筋」
パッと見委縮して左右差もあり、筋力検査で全く力が入らず。

<施術後の痛みは 10 → 2 >
施術後は大臀筋に力を入れることができるようになったので、さらに大臀筋のトレーニングを行い施術前10の痛みが2まで改善。

 

腰部・臀部(お尻)・大腿部(ハムストリングス)は互いに協調して後ろ側を支えますが、特に臀部は大きな筋肉であるため、ここの筋(大臀筋)がしっかり働かないと、腰部起立筋、ハムストリングスに多くストレスがかかってきます。

今回のケースではまさに、股関節を後ろから支える要の筋肉であるお尻の「大臀筋」が使えないことによりもも裏(ハムストリングス)や腰部(脊柱起立筋)に負担がかかって出た痛みであったようです。

スポーツ運動でも大臀筋の弱化により腰痛や太もも裏(ハムストリングス)に痛みが出る可能性があるため、気になる方はお早めにカイロプラクティックで検査をしてみることをお勧めします。

 
太ももの裏がすぐに痛くなる、肉離れを繰り返すなどのお悩みの方は松村カイロプラクティックまでご相談ください。

 
お尻股関節太もも裏が痛い方の電話・ネット予約はこちら

 

説本山・岡本・青木・芦屋 カイロ整体院 松村カイロプラクティック

カイロプラクティックと股関節の痛み悩み

癒しではなく痛みの根本改善を目指す松村カイロプラクティックの松村です。

今回のテーマは「カイロプラクティックと股関節の痛み悩み」

 
先日毎月恒例の勉強会へ参加してきました。
いつも休ませていただき申し訳ありません。

今回の勉強会のテーマは「股関節」の基礎と検査

 
解剖学
生体力学
問診
視診・触診
可動域検査
筋力検査
整形外科学検

これらの基礎や検査ができてはじめてテクニックが生きてくるわけです。

カイロプラクティック股関節の痛み検査

股関節の痛みとはいっても

股関節-骨盤-腰部の連動

股関節の痛みとはいっても、股関節は単体で見ることはなく、必ず「股関節-骨盤-腰部」をまとめて検査します。

この股関節-骨盤-腰部は関節や筋肉の働きにより連動しやすいので、股関節が痛いといって股関節だけ見ていてもいい結果が出ない可能性も多いのです。

同様に「骨盤の歪みが気になる」とか「腰痛」などのお悩みでも「股関節-骨盤-腰部」を見る必要があります。

骨盤矯正とか言って骨盤だけ矯正しても全く意味がない場合もあるということです
(;´Д`) うぅっ。。

 
 
というわけで、今回もしっかり勉強練習してきましたので、股関節・骨盤・腰痛でお悩みの方、また病院でレントゲンしか撮ってくれない、電気あててるだけに毎日行ってるなんて方も、松村カイロプラクティックでしっかり検査と施術を受けてみてください!

 
股関節が痛い方の電話・ネット予約はこちら

 

東灘区・芦屋 カイロ整体院 松村カイロプラクティック

高校生バレエの練習後 膝裏の痛み・違和感

癒しではなく痛みの根本改善を目指す松村カイロプラクティックの松村です。

今回のテーマは「高校生バレエの練習後 膝裏の痛み・違和感」

 
お母さんから娘が調子悪いのでとご紹介いただき、見させていただきました。

バレエの練習後に膝裏の痛み・違和感

高校生 女性

バレエの練習後、膝の裏に痛み・違和感
膝を伸ばす時に痛み・違和感を感じる

検査

脛骨(スネの骨)内旋可動性減少
大腿骨遠位端(太ももの骨膝側)内旋変位

矯正後

膝伸展時の膝裏の痛み・違和感 なし

 
バレエでは脚を前や後ろにあげる時、通常の主動筋である太もも前後にある大腿四頭筋やハムストリングスではなく、内側や外側の筋肉を使います。

その中には膝の運動機能を調整する重要な筋もあります。

 
今回バレエの練習が久しぶりだったとのことから、膝の運動機能を調整する筋に過剰な負荷がかかり、膝関節の回旋機能が低下し、膝裏に痛み・違和感を出したものと思われます。

 
リンク:膝の動きと膝の痛み・違和感

 
膝が痛い方の電話・ネット予約はこちら

 

東灘区・芦屋 カイロ整体院 松村カイロプラクティック

膝の動きと膝の痛み・違和感

癒しではなく痛みの根本改善を目指す松村カイロプラクティックの松村です。

今回のテーマは「膝の動きと膝の痛み・違和感」

膝が痛い
痛くはないけど膝に違和感がある
膝が曲げにくい・伸ばしにくい

膝の動き

膝を曲げる・伸ばす・+α

膝の動きと言えば、曲げる・伸ばすを想像しますが、実はわずかに回旋の動きも起きています。

それは太ももの骨脛の骨の形状であったり、補助筋と呼ばれる大きな太腿の筋肉以外の筋肉の作用によるものです。

レントゲンを撮っても問題なかったり、病院で治療しても膝に痛みや違和感がある(残る)時は特にこの回旋の動きがちゃんとできていない場合があります。

膝の回旋 +α

しかもこのひざの曲げ伸ばし時におこる回旋運動はただ、内旋/外旋 するのではありません。

太ももの骨(大腿骨)が内側と外側で形状が違うため、回旋運動時に内と外でわずかに違う動きが入ります。

そのわずかな動きこそが、膝の違和感を出す大きな原因となるため、松村カイロプラクティックではその可動域までしっかりと触診検査を行います。
 

(リンク:膝の痛みに!

 
日常的な膝の痛み・違和感、スポーツや部活による膝の痛み・違和感などのお悩みは松村カイロプラクティックまでご相談ください。

膝が痛い方のの電話・ネット予約はこちら

 

東灘区・芦屋 カイロ整体院 松村カイロプラクティック

長引く足首の捻挫

癒しではなく痛みの根本改善を目指す松村カイロプラクティックの松村です。

今回のテーマは「腓骨の運動障害による長引く足首の捻挫」

 
スポーツをしている方ならちょっとぐねる程度の足首の捻挫から、内出血して歩けないような足首の捻挫まで大なり小なり足首の捻挫を経験しているのではないでしょうか?

私もサッカー部の高2の冬にやっとレギュラーになったところで強めに足首を捻挫して、それっきりだったという悲しい思い出があります(T_T)

足首の捻挫って?

足首の捻挫に限らず、捻挫をするとその関節を固定する靱帯が部分的に千切れたり断裂(靱帯の損傷・断裂)します。

軽い捻挫だと損傷(千切れた部分)が少ないので、見た目にも内出血もないしそれほど痛みも出ないでしょう。

断裂するほどの捻挫ともなると内出血はもちろん、パンパンに腫れて足首の捻挫なら歩くことなど到底できないと思います。

 
皮膚の擦り傷と同じように捻挫で損傷した靱帯自体は時間が経てば治ります。

もちろん年齢や食生活・回復力等の差は出ます。

また、捻挫で断裂してしまった靱帯は切れたままの保存療法や、自然にくっつくこともあるそうですが、基本的には手術でつなぐことになります。

足首の捻挫で起こること

・靱帯の損傷、断裂
・固有受容器(神経のセンサー)の損傷
・腓骨の変位、運動障害

捻挫による靱帯の損傷、断裂

上で説明したように、足首の捻挫では瞬間的に靱帯が引き伸ばされることにより、靱帯が損傷または断裂します。
成長期が終わっていない場合やまれに、靱帯が切れる前に骨が折れる場合があります。

 
捻挫による靱帯の損傷に対してはキネシオテープにより痛みの軽減と早期回復に対応します。
(整骨院等で施される白いテーピングで固定する方法とは異なります。)

捻挫による固有受容器(神経センサー)の損傷

目をつぶっていても立っていられるように、体にはたくさんの神経のセンサーが付いています。
足首のねん挫で靱帯を損傷することにより、その部分の神経のセンサーが壊れます。

キズの回復と共にセンサーも回復すればいいのですが、壊れたままの場合は足首の捻挫による痛みがなくなっても足首の不安定性や、足首の捻挫を繰り返しやすくなるということが起きます。

 
当然これにはリハビリが必要となるのですが、足首の捻挫は軽くみられる傾向にあるため、病院でもリハビリ指導がないことも多いようです。

足首の不安定性を持ったままスポーツを続けると、足首の捻挫を繰り返すばかりでなく、膝・股関節・腰などの運動障害のきっかけになります。

 
捻挫による固有受容器の損傷に対しては痛みの軽減具合をみてから、バランストレーニング等によるセンサーの回復を目指したトレーニングを指導いたします。

足首の捻挫による腓骨の変位、運動障害

足首の捻挫では足首の外側を捻挫する【 外反捻挫 】というものが多く起こります。

<右脚 足首の動き>
足首の捻挫-足関節回内回外図 右の写真 回外と書いてあるものが外反捻挫と同じような状態になります。

 
足首の外反捻挫では、上の右写真のように外くるぶしの下が引き伸ばされ、その部分の靱帯が損傷します。
またその際、外くるぶしの骨(腓骨)も下側に引っ張られます。

腓骨は足首の底屈・背屈という運動の際、わずかに上下することによりその他の骨や筋肉がスムーズに動くようにできています。
足首の捻挫-足関節底屈背屈

足首の捻挫により下に過剰に引っ張られた腓骨が、正常な運動を取り戻さない時、足首の痛みや動かしにくさを起こすことがあります。
(異常な運動パターン)

また、正常な動きではないので足首の捻挫の治りが遅くなったり、先の神経のセンサーが間違った運動のままインプットされると、リハビリをしたとしても不安定性や他の関節の運動障害に発展することが考えられます。

この異常な運動パターンが発生している場合、電気を当てたりテーピングで固定しても動きが戻ることはありません。

腓骨の変位、運動異常に対しては運度パターンを修正するカイロプラクティックテクニックによって矯正を行っていきます。

その他、足首だけではなく膝や股関節、他の筋肉の異常も検査・矯正を行います。

足首を捻挫したとき

足首の捻挫がひどい場合はまずは整形外科を受診していただき、その後カイロプラクティックにて早期回復・早期復帰を目指して施術を続けていただければよいかと思います。

 
スポーツ・部活で足首を捻挫してしまった!
だいぶ前に捻挫したのにまだ痛み・違和感がある!
そんな時は松村カイロプラクティックまでご相談ください。

 
足首の捻挫でお困りの方の電話・ネット予約はこちら
 

東灘区・芦屋 カイロ整体院 松村カイロプラクティック

ボールが当たって捻挫(スポーツ外傷:足首の痛み)

癒しではなく根本改善を目指す松村カイロプラクティックの松村です。

今回のテーマは「ボールが当たって捻挫(スポーツ外傷:足首の痛み)」

 
スポーツをしていると多い足首の捻挫

軽くグネル程度の捻挫から、

足首周辺が青紫色に内出血して動けなるほどの捻挫まで様々。

スポーツをしていて足首の捻挫をしたことがない方の方が少ないのではないでしょうか?

そんなに多く起こる足首の捻挫。

病院でも治ったら終わりの所も多いと思いますが、足首の捻挫はその後のリハビリも大変重要なものとなります。

 
「ボールが当たって捻挫(スポーツ外傷:足首の痛み)」のケーススタディー

フットサルで相手のシュートが足首に当たり捻挫した

同じくフットサルをしている身として、相手のシュートの前に立ちはだかるのはなかなか怖いものです。

実際僕も、眉間に当たって軽い脳震盪になったり、肋骨に当たってヒビが入ったこともあります(^_^;)

 
さて、この方はちょうどインステップキックのような状態でボールが当たり(足首の過剰な底屈状態)足首の前面に痛みを感じたとのことです。

当日はそれほど足首の痛みは酷くなくプレー継続。

翌日、体重をかけると足首の外くるぶしの下に捻挫のような痛みを感じるようになった。

この日もフットサルがあるとのことでカイロプラクティックを受けに来ていただきました。

 
足首の骨(距骨)、スネ横の骨(腓骨)の歪み

足首が過剰に伸びた(底屈)ことにより捻挫のような靱帯の損傷もありましたが、足首の骨と脛の横の骨の歪みが強く出で、体重をかけた時に捻挫のように痛みが出ていたようでした。

カイロプラクティックによる矯正後は体重をかけた時の足首の痛みも10から2ぐらいに減りました。

その後
当日のフットサルでも足首の捻挫や痛みを気にすることなくプレーすることができたとのことでした。

 
今回の足首の痛みは、よくある内反捻挫と言われる体重がかかった捻挫ではなかったので、靱帯の損傷も少なく早期回復できました。

しかし、大きな捻挫の場合靱帯損傷骨のズレ固有受容器(センサー)の故障が起きます

捻挫の靭帯損傷の回復期間は3週間ほどと言われています。(靱帯の傷が治る期間)

しかし、骨のズレがあるといつまでも捻挫の痛みが残り、センサーが故障したままだと何度も捻挫をしてしまう恐れがあります。

 
逆に、カイロプラクティックで骨のズレを戻すことにより、早期にプレーに復帰することも可能な場合もございます。

大きな捻挫の場合、電気を当てたり、ただ安静にするのではなく、カイロプラクティックケアで早期復帰を目指してみるのもいいかと思います。

もちろん痛みが引いた後のリハビリ的トレーニングも一緒に説明させていただきます。

 
スポーツ障害にお悩みの方は こちら

 

東灘区・芦屋 カイロ整体院 松村カイロプラクティック

股関節からくる膝内側の痛み

癒しではなく根本改善を目指す松村カイロプラクティックの松村です。

今回のテーマは「股関節からくる膝内側の痛み」

 
膝の痛みは結構バリエーションが豊富です。

歩くと痛い、階段の下りで痛い、正座の時痛い、ジャンプすると痛い、走ってると痛くなってくる、じっとしていると痛くなってくる 等々

膝の内側が痛い、外側が痛い、後ろが痛い、膝の下が痛い、なんか全体的に膝が痛い

動作だけではなく、痛みが出る場所も人それぞれ。

湿布貼っても、整骨院で膝に電気あてていただいてもなんか変わんないなぁ。。。

という膝の内側の痛みはもしかしたら股関節からくるものかも・・・

 
「股関節からくる膝内側の痛み」について

閉鎖神経の障害による膝内側の痛み

腰から出た神経が骨盤-坐骨にある穴(閉鎖孔)を通り、内ももの筋肉、膝の内側ちょい上の感覚を支配する 閉鎖神経 というものがあります。

閉鎖孔 股関節からくる膝内側の痛み
右の骨盤を前から見たもの

青い丸の部分が閉鎖孔

閉鎖神経 股関節からくる膝内側の痛み
画像横ですみませんm(__)m

黄色いラインが閉鎖神経

膝の裏側まで伸びています

閉鎖神経支配 股関節からくる膝内側の痛み
「皮枝」の部分が閉鎖神経の感覚支配領域(右脚膝内側)

実際にはこんなにきれいに領域分けされていないし、文献によってはズレがあるので、膝の内側の痛みとしても知覚される場合がある。

閉鎖孔での障害から膝内側の痛みへ

骨盤坐骨にある閉鎖孔ですが、実際は閉鎖膜やら閉鎖筋といわれる筋肉で蓋がされています。

閉鎖神経はこの膜や筋肉を通過するので、この部分で神経の絞扼があると、

内ももの力が入らない(股を閉じにくい)

内ももから膝内側の痛み

がおきたりします。

股関節から膝内側の痛みになる理由

ここで、閉鎖筋(内閉鎖筋、外閉鎖筋)は股関節を外旋させる筋肉です。

なので、股関節のポジションや、閉鎖筋の硬さなどが閉鎖神経を圧迫し、膝内側の痛みにつながる恐れが出てきます。

股関節の固い方、変形性股関節症など股関節に痛みがある方

痛みなどで股関節をあまり動かさなくなると、周辺の筋肉も硬くなるため、同様に閉鎖神経絞扼が起こり膝の内側まで痛くなる恐れがあります。

股関節の痛みも早めにカイロプラクティックケアをお勧めいたします。

デスクワークの方、更に足を組んで座る方なども慢性的な椅子との圧迫で膝の内側に痛みが出てくるかもしれません。

 
特に高齢になると歩くことが大変重要になってきます。

膝が痛くて歩きたくない!

そんなことにならないよう、全力でサポートさせていただきます。

 
股関節からくる膝内側の痛みはもちろん、その他の膝の痛みも松村カイロプラクティックまでご相談ください。

膝の痛みに対して詳しくはこちらから

 

東灘区・芦屋 カイロ整体院 松村カイロプラクティック

肉離れ?お尻から太もも裏の痛み

太もも裏を肉離れしたようだと、お尻から太もも裏の痛みでお越しのkさん。
痛みが出始めてから、かれこれ2ヶ月ほど経っており、その間 整骨院で電気をあてたり、鍼を打ったり通ってみたものの肉離れのような痛みは変わらないとのこと。
肉離れ?坐骨神経痛?

<受傷>
ランニング中にピキッとなり徐々に痛みが増してきた。

<現在の症状>

  • 歩行でも響いて痛い。走れない。
  • 電車等ずっと立っているのもつらい。
  • 座ってしばらくすると、じっとしとけないぐらい痛みが出る。
  • 座って姿勢を正すと痛みが出る。
  • 寝転んでいるのが一番楽。
  • 2ヶ月ずっと同じ状態。

<病院等>
・レントゲン問題なし。肉離れでしょう。様子見。
・電気、マッサージ、鍼 しばらく受けたけど、変化なし。

〜・〜・〜・〜

カウンセリングで聴く限り、「肉離れ」の線は薄そうで、どちらかと言うと「神経系」や「トリガーポイント」的な印象を受けます。

<カイロプラクティック検査>
お尻から太もも裏ということで、肉離れなら大臀筋やハムストリングスに痛みが出るはずですか、筋力検査は問題なし。やはり、肉離れではないと思われる。
神経的な出力も正常でした。
梨状筋に普段の痛みに近い圧痛有り。

<初回の施術>

  • 梨状筋の動的筋膜リリース
    → 歩行時の痛み軽減。

<2回目(一週間後)>
1,2日マシな気がした。
今は元に戻った感じ。

  • 梨状筋の動的筋膜リリース
  • 足の関節の矯正
    → 歩行、軽く跳ねても違和感程度。

<3回目(一週間後)>
2、3日に一回しか痛みが出なかった。
歩行はだいぶ良い。

  • 足の関節の矯正
  • 下半身の運動パターンの改善エクササイズ
    → 歩行、ジャンプ痛みなし。
    → 走れそうな感じがする!
    ☆ 様子を見ながら軽めから運動の再開。

<4回目(一週間後)>
座位の痛みが2,3回出たけど、すぐに消えた。
2km位走れた。
どんどん良くなって痛みがほとんどないから、最近毎日が楽しい!

  • 足の関節の矯正
    → 痛みほぼなし。
    ☆ 前回同様、様子を見ながら運動の再開。

<考察>
足の関節から肉離れの症状
足の骨の関節の問題が太もも裏(お尻)あたりにストレスをかけて痛みを出していたようです。
初めに圧痛のあった梨状筋のリリースで一時的に痛みが引いたけど、一週間後に元に戻っていたのはその為でした。
次は2週間開けて、運動時の痛み等の確認を行います。

2か月変わらず続いた痛みが軽減していき、
「毎日が楽しい!」
という言葉をいただいたときは、僕も本当にうれしかったです♪

少しずつでも、そういった人が増えていくように、さらに頑張っていきたいと思います!!

 

肉離れ、ランニングでの痛み
神戸市東灘区 カイロ整体院 松村カイロプラクティック

腰痛・足のむくみ・便秘・生理痛に効果的なストレッチ

慢性的な痛みやコリはいわば生活習慣病です。
日々の疲れが溜まっていった結果、痛みが出たり、疲れが取れなくなったりします。
カイロプラクティックで矯正しても、日々のセルフケアを怠ればあっという間に元に戻ってしまいます。

毎日少しずつでいいので、ケアしていきましょう!

というわけで、腰痛・足のむくみ・便秘・生理痛に効果的なストレッチです。
一応
全ての方に必ず効果があるわけではありません。
痛みのある方は痛みのない範囲、もしくは無理に行わないでください。

体幹のインナーマッスル 腸腰筋

腸腰筋は大腰筋(・小腰筋)・腸骨筋をまとめた総称です。
腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)
緑:大腰筋
紫:腸骨筋

共に股関節を屈曲させます。(階段を上るとき足を上げる動作)
腰椎(腰の骨)の前側と、骨盤の中に付くため、背中側からは触れません。

ここが硬くなると股関節が曲がった状態、腰がくの字になり腰の筋肉にストレスがかかります。
腰痛で腰をマッサージしてもすっきりしない方など、こちらが硬い場合が多いです。
股関節が曲がるので、鼠径部(そけいぶ)が詰まり、リンパの流れが悪くなることがあります。
大腰筋の動きの悪さが、大腸や子宮の動きを阻害し、便秘や生理痛になることもあります。

座りっぱなし(車、デスクワーク)の人、ヒールを履く人、内股の人、女性は硬くなることが多いです。

腸腰筋のストレッチ

腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)のストレッチ
股関節を屈曲(曲げる)筋肉ですので、伸展(鼠径部を伸ばす)させます。

前の足は大きく前に出します。
伸ばしたい方の膝を床に付け、股関節を反らせます。
この時腰が反らないように注意します。
気持ちよく伸びてるところで30秒~90秒じっとします。
決してゆらしたり、反動を付けたりしないでください。

椅子や台に手をかけてバランスを取ってもらって大丈夫です。

 
毎日1~3分頑張ってみてください!

 

健康で楽しく毎日を送れるように!
神戸市東灘区 カイロ整体院 松村カイロプラクティック

足のだるさ、むくみ

特に女性に多い脚のむくみや、だるさ
・足が重く感じる
・仕事帰りにブーツが入らない
などはよく聞くお悩みです。

むくんだ状態を長く放置しておくと足が太くなったり、マッサージをしてもむくみが取れないなど恐ろしいことになりかねません!!

カイロプラクティックではリンパマッサージのように時間をかけて流したりはしませんが、関節の調整筋膜リリースで足のだるさやむくみはすっきりします。

足のリンパ系

下肢のリンパ

鼡径部(ソケイ部:脚の付け根)や膝窩(膝の裏)にはリンパ節があり、ここが詰まるとリンパ液が流れにくくなってしまうので、この領域のチェックは必ず行います。

セルフマッサージ

ご自分で足のリンパマッサージをされる方は、参考にしていただければと思います。

上の図の赤矢印のようにリンパ液は鼠径部・膝窩に流れ込みます。
1、浅鼡径(ソケイ)リンパ節系統
・後ろから前へ、下から上へ
・腰の下やお尻も後から前へ
・最後に鼠径部に流す

2、浅膝窩リンパ節系統
・足の裏と側面からかかとを越えて
・ふくらはぎの中央を膝の裏まで流す
(ふくらはぎの側面は1の浅鼡径リンパ節系)

リンパマッサージのプロではありませんので、色々な考え方があるとは思いますが、解剖学的にはこのように流すと効率よく短時間で流せるのではないでしょうか?

<参考>
プロメテウス解剖学アトラス(解剖学総論/運動器系)第2版

 

神戸市東灘区 カイロ整体院 松村カイロプラクティック