いつもご利用ご来院頂きありがとうございます。
癒しではなく痛みの根本改善を目指す松村カイロプラクティックの松村です。

今回のテーマは「寝起き・歩行時に太もも裏・股関節の痛み」

今回の症例の状態でスポーツを行うと太ももの肉離れを起こす可能性も高くなるので、運動選手や部活動などスポーツを行っている方にも気を付けていただきたい内容です。

 

寝起き・歩行時に太もも裏・股関節の痛み

60代男性
最初は腰お尻付近が痛かった。
そのうち、寝起きにお尻や脚に力を入れた時、歩行時に太もも裏や股関節に痛みが出るようになった。

<検査>
前屈・伸展、股関節の可動テストではたいした痛み出ず。
股関節を動かす大腰筋、大腿四頭筋(大腿直筋)、ハムストリングス、中臀筋の筋力検査も正常。

唯一明らかに異常なのがお尻の筋肉「大臀筋」
パッと見委縮して左右差もあり、筋力検査で全く力が入らず。

<施術後の痛みは 10 → 2 >
施術後は大臀筋に力を入れることができるようになったので、さらに大臀筋のトレーニングを行い施術前10の痛みが2まで改善。

 

腰部・臀部(お尻)・大腿部(ハムストリングス)は互いに協調して後ろ側を支えますが、特に臀部は大きな筋肉であるため、ここの筋(大臀筋)がしっかり働かないと、腰部起立筋、ハムストリングスに多くストレスがかかってきます。

今回のケースではまさに、股関節を後ろから支える要の筋肉であるお尻の「大臀筋」が使えないことによりもも裏(ハムストリングス)や腰部(脊柱起立筋)に負担がかかって出た痛みであったようです。

スポーツ運動でも大臀筋の弱化により腰痛や太もも裏(ハムストリングス)に痛みが出る可能性があるため、気になる方はお早めにカイロプラクティックで検査をしてみることをお勧めします。

 
太ももの裏がすぐに痛くなる、肉離れを繰り返すなどのお悩みの方は松村カイロプラクティックまでご相談ください。

 
お尻股関節太もも裏が痛い方の電話・ネット予約はこちら

 

説本山・岡本・青木・芦屋 カイロ整体院 松村カイロプラクティック