神戸市東灘区 カイロ整体院 完全予約制プライベートサロン

腱鞘炎、手首の痛みに!

  • HOME »
  • 腱鞘炎、手首の痛みに!

腱鞘炎

手指の腱を包む腱鞘は、手指の使い過ぎの過剰な摩擦により痛みを誘発します。
特に多い手首の親指側に痛みの出る腱鞘炎をド・ケルバン症候群といい、長母指外転筋・短母指伸筋が腱鞘にて圧迫摩擦され症状が現れます。
腱鞘炎の位置
赤丸印あたりに痛みが出ることが多い

手首よりもう少し腕側に痛みがある場合はインターセクション症候群という、別の種類の腱鞘炎になります。
こちらは、親指を動かす筋肉(腱)と手首を伸展させる筋肉が擦れることによりおこります。

 

腱鞘、腱の摩擦で起こる炎症は癒着を起こし、それが腱鞘炎として痛みを誘発します。
当院では筋膜リリースでこの癒着を引き剥がし、関節運動を正常化させることにより、筋肉(腱・腱鞘)にかかる負担を減少させます。
また、肘・肩・首の歪みからも手首に負担がかかるため、合わせて矯正を行います。

パソコン、ピアノ、手先を使う仕事、ラケット競技者など腱鞘炎になりやすい方ではありますが、最近では携帯メールでも親指だけを使うことが多く、年齢・職業関係なく腱鞘炎になる可能性を秘めています。

 

腱鞘炎検査方法(アイヒホッフテスト)
<腱鞘炎の検査>
アイヒホッフ テスト( Eichhoff test )
親指を握って、手首を小指側に曲げる(尺屈)
赤丸印付近に痛みがあれば腱鞘炎の可能性があります。

PAGETOP
Copyright © 松村カイロプラクティック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.